万年筆・インク・ペン

子どもの頃から憧れていた「文豪」っぽい万年筆。
一度手を出したが運の尽き。そこに待っていたのは……底の見えない沼でした。