フリーランスママのお仕事について娘4歳に聞いてみた

2016/06/10 2016/06/13 フリーランスの働き方

kataduke

しょっちゅう「今日は保育園おやすみ?」と聞いてくる娘ちゃん。
「ママのお仕事大っ嫌い!」と言われたり、登園したくないと訴えられたりする今日この頃。

ママ、ヘロヘロです。
最近、子育てと仕事の両立について悩むばかりで、ふー。
娘ちゃんにどう思ってるのか率直に聞いてみました。

物心がつき、赤ちゃんではなくなった娘ちゃん。
かなりあらぶっています。
パッと思いつく限りで、

  • ママが仕事してるから、保育園にいかないといけない
  • ママが仕事してるから、週末パパとお出かけしなくちゃいけない
  • 娘ちゃんと一緒に居るときにお仕事の連絡がくると、娘ちゃんを無視する!

と思われてるはずー!!

あっ、その前に、わたしはこんなお仕事をしています。

ママのお仕事

仕事場 :リビング
営業時間:9:00〜17:30
休業日 :土日祝日
職種  :制作業
家計  :前提は半々でしたが、この2年は夫が7割かも

問題1 :
営業時間・休業日のことを伝えても、ないものだとして扱われる
建前上だと捉えられているのか、またはそんなこと覚えてられないのかは不明。取引先が24時間365日営業してる業界のため仕方ないとも言える。

問題2 :
クライアントワークのため、スケジュール等の主導権がこちらにない。
納期のためならエンヤコラ。
子どもと過ごす為の貴重なお休みも仕事に使い、早起き夜更かしなどで、なんとか時間を捻出することになる。

問題3 :
泥沼からの脱却をはかろうと画策するも、目の前の仕事に追われ種まきができない。

どうしてフリーランスを選んだの?

元制作会社勤務(ベンチャー)。

会社の中ではうまくスケジューリングして帰っていく方だと言われてましたが、子育てするには厳しい環境だと感じました。
男性比が高く、自分のキャラともあっていなかった。

会社について物申したい事が多く、それが災い。
セルフイメージとズレたイメージを持たれるようになり、メンタル的にしんどくなってしまいました。

この会社の文化を変えたい! と思うばかりに、わたしの個性は死んでしまったのです。愚かだったなぁ。
好きな人たちに誘われたのが嬉しくて就職したのですが、心理的には組織に属すことに抵抗がありました。その気持ちを無視しちゃいけなかったね!笑

フリーランスになることに不安はなかった?

10代後半から、意味もわからぬままフリーランス的な働き方をしていた経験があったので、イメージは出来てました。制作会社に再就職する前にも、フリーランスになろうと考え、数ヶ月フリーランスをしていたので、抵抗はありませんでした。

仕事はどうやって取ってくるの?

営業できないので、元請けになってくれる会社を探しました。
取引先を分散させておけば良いと聞いていたので、元々勤めていた制作会社含め、あらかじめ4社程ルートを作っておきました。

ニーズに応えられる人材でいようと頑張ったものの、子どもが2歳になるころに体力的な限界を感じました。
今ではあらかじめ「ママなので」という話をして、理解してくださった方たちとのみ、お仕事をしています。
ですが、やはり夜でも土日でも連絡が来てしまうのでした。
病気でーと言いやすいのが良いところかな?笑←言えたところで、綱渡りすることには変わりないのですが。

本題!「ママのお仕事大っ嫌い!」という娘にインタビューしてみました笑

—ママがお仕事やめたら嬉しい?
うん、やめてー!

—お仕事辞めたらオヤツもおもちゃも買えなくなるよ?(←ずるい)
えー、ならお仕事していいよー。

—どうしてママのお仕事嫌なの?
あのね、えっとね、ママおこるから

—さすが娘ちゃん。鋭いところついてきますね。怒らなくていつもニコニコしてたらお仕事していいの?
うん

—でも、娘ちゃんといるときは、お仕事のお話しないでほしいんだよね
うん!

—ママのお仕事は、色んな時間に連絡が来ちゃうんだ……
う○こ!!

お得意の「う○こ」いただきましたー!

娘の反応から気づいたこと

4歳児の言うことなので、どこまで真に受けていいのか測りかねはするものの、娘の言うとおり、仕事のことでイライラすることね、ホントに多いんです。

お迎えのタイミングで連絡が来ることも、お迎えしたあとに連絡がくることもよくあります。良くない連絡のときは、頭の片隅に引っかかってイライラする。大きめの問題だと、すぐ対応したいのに出来なくて引きずってイライラしてくる。

連絡が来ても対応できない時間なので、気づかないようにする事が一番ですが、昨日はどうでも良い連絡が電話できたーw

仕事をしててもイライラしない自分で居られたらどーう?

ライフコーチの若林木綿子ちゃんに指摘されて気づいたのは、「稼ぐ=ストレス」になってない? ということでした。

お金を稼ぐことはストレスがつきもの。
この考えを手放せて、キラキラ働くママを見せられたら応援してもらえるのかなぁ。
そんなことを思った今日この頃でした。 

終わりに

短絡的に「仕事辞めようかなぁ。働くの辞めようかなぁ。稼ぐことを手放そうかなぁ」と思っていたんですが、娘ちゃんが教えてくれたのは、

仕事するママが悪いのではなく、仕事でイライラするママは好きじゃない。仕事を優先にして、娘のことを後回しにするママは好きじゃない。

ということでした。
そのあたり、きちんと捉えなおして、働くママとしてどうあれば幸せなのかを、考えていきますよー。
あー、もうママ5年目なのに! まだこんなところで躓いてるなんて!!

己のダメダメさに、ガッカリです笑。

フリーランスの働き方

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ルコ

こどもと楽しく暮らしたいワーキングママです。東京の端っこ在住の30代中盤。主婦レベルはとても低いですがムスメラブ。愛してます。→詳しいプロフィールはこちら