2歳11ヶ月とうとうイヤイヤ期が終わりにさしかかった気がする

2015/02/04 子育て

イヤイヤ期っていつからはじまるんでしょう……。
多分1年くらい前にはじまったのかなあと思うのですが、遠い昔のことのようで忘れてしまいました。
イヤイヤ期が始まる前からイヤなことはイヤイヤしてましたが、この1年間はまさにイヤイヤ! していて、レベルが違いました(笑)。

検索してみたところ、6ヶ月〜3歳児まで対策が書いてあったので、もしかするとまだ、イヤイヤ期のさなかなのかもしれません。
でも、でも、今までとくらべたらビックリするくらい聞き分けが良くなった〜〜〜〜(泣)。
イヤイヤしても、自分でやるの〜とゴネても、少しするとなっとくしてくれるようになったんです。

ああ、長い道のりでした……。

さて、今日はそんなイヤイヤ期(?)で大変だったことランキングを書き残したいと思います!
いつか見て笑えますように〜〜。

10位 徒歩2分の距離が40分の大冒険へ

歩いて2分のところにある保育園に通っているのですが、なぜでしょう。
あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、階段を上っておりて、ネコを探して大冒険。

2歳〜2歳半頃までは、毎日保育園の行き帰りにそれぞれ40分かかっていました。

泣き叫ぶタイプの子ではなかったのですが、お教室に入りたくなくて走り回っちゃって、「ママぶら〜んして」「ママぐるぐるして」などなどのご要望に応え尽くさないと登園してくれませんでした。

ちなみに、どうしたらちゃんと登園するようになったかというと……。
保育士さんが、玄関でママとお別れしてみましょうか? と提案してくださったことがきっかけでした。
ものすごい泣いているのかと思いきや、ママの姿が見えなくなるとケロっとして遊んでいたそうです。(笑)。

9位 アニメを止めると怒りまくって勝手につけるようになった

うちにはテレビがないので、アニメはパソコンを使ってオンデマンドかDVDで見ています。
こどもってやつは操作を覚えるのがとっても早い!
アニメをみるみるとゴネて、お風呂に入るのもいやがるし……。
でもアニメを見せないと、後追いが激しすぎてご飯の準備もままなりませんでした。

最近は、一瞬ウギャーっとなりますが、すぐ気持ちを切り替えてくれるようになりました。

8位 ご飯を食べてくれなくなった

これは良くある話だと思いますが、今まで食べていたものも嫌がるようになり、食べてくれなくなってしまいました。

今でも食べません。

保育園ではがんばっているみたいなので、ママは生暖か〜く見守っています。
だってわたしがものすごい偏食でしたから!
食べ物の味や触感自体が嫌で食べたくないなーと思っているところに、無理矢理食べさせられた思い出がついてくると、本当に食べなくなると思います……。

7位 歯磨き拒否

1歳のとき、あんなに大好きだった歯磨きを、ぜんぜんさせてくれなくなりました。
本当の本当の本当に困りました。今でも困ってます……。
歯医者とか検診にいくと、これまたお利口に口を開けて磨かれているのがまた困ります。
多分、ママは舐められているんだと思います。

6位 吸入拒否

1歳のときにRSウイルスにかかってから、ぜんそくの治療を続けているのですが、払いのけられることが増えてしんどかったです……。
吸入してくれないと、ゼェゼェしちゃったり、風邪を引いちゃったりするので、なんとしてでも吸ってほしかった……。
苦肉の策で寝ているときに吸入してみたりもしましたが、吸入したあとにうがいしないといけない薬なので、良くないんですよね。
ものすごい頭を悩ませました。

最近は、お咳がでたからシューシューしようね、というと、自分で吸入器を口にあててシューシューしてくれるようになりました。
ちなみに常用薬は、イヤイヤ期でも毎日上手に飲んでいました。

5位 睡眠拒否

想像してはおりました。だって赤ちゃんの頃から全然寝る気のない子でしたから!
しかし……寝る時間が22時〜23時で、7時半に起きるんじゃ、大人と変わりませぬ。
いまではお昼寝もしなくなって、ますます宵っ張りになっております。
でも、なんかもう、慣れてきたな〜。
これがきっかけで、お仕事夜の部は廃止になり、仕事に悩むようになりました(ふぅ)。

4位 うんちを教えてくれなくなる

一時期は、うんちでたよ〜! おしっこでたよ〜! と自慢げに教えてくれていたのに、何か恥ずかしくなってしまったのでしょうか。
さっぱり教えてくれなくなり、それどころか「でてな〜い」とお尻を見せてくれなくなりました……。
いまでもその傾向が続いております。
これじゃ、おむつはずれないよ〜〜〜〜(遠い目)。

3位 ネコになる(赤ちゃん返り)

ネコの真似をしていれば、無条件にかわいがってもらえると思ったようで、何かあると、すぐに、子猫になりきって「にゃぁ〜ん」と鳴いたり「ペロッ」と舐めてきたりするようになってしまいました。
ハイハイみたいに歩いてきたり、抱っこをおねだりしたりと、ネコ化していた期間は結構ながかったです。

最近は、人間のこどもに戻ってくれました〜〜。
(でも、お姫様だから抱っこされたいみたいです)。

2位 衣服への強烈なこだわり

夏の間は、スイカの柄のキャミソールしか着たくなかったようで大苦戦。
その後は、おままごと用のロングスカートをいつでもどこでも履きたがり、ママうひゃああああ。
女子というのは2歳でも、着る服にこだわるんだなあ……と感心しましたが、とってもとっても困りました。最近、保育園でお友達や先生にほめられると気に入るんだなあと気づいたので、本人が嫌がっている服は、午後のお着替えとしてバッグにいれるようにしました。
すると、帰ってきたら「ママ、買ってくれてありがとう」などと言うようになるのです(笑)。
娘の気に入るワードは「お姫様みたいだね」のようなので、ふりふりした服が増えてきました……。

1位 靴への強烈なこだわり

服以上にものすごいこだわりを見せているのが靴。
最初に気に入っていたのは、るこックの青いスニーカー。
確かに可愛かったのですが、サイズアウトしてしまいました。
次にお気に召したのは、ミニーマウスのクロックス。
夏がすぎ、冬が訪れ、可愛いブーツを準備しようと見向きもせず、いまだに履き続けています。

靴ってお洋服と比べると値がはるので、ホイホイ買い替えるわけにもいきませんし、なんとかならないかなあ……と思ってます。
まあ、わたしも気に入った靴を毎日履いてつぶしちゃう方なんですけどね。

おわりに

イヤイヤ期は自我の芽生えだと聞きます。
確かに赤ちゃんのときみたいに、されるがままではなくなり、本人の意思が芽生えてきました。
自分でやるのー!と怒り出す様には、成長を感じるばかり!
こどもには悪いけど、怒ったり泣いたり駄々をこねてる様が、すべて面白い。
だって、大人から見たらつまらないことに全身全霊をかけてるんですもん。

自分のペースを乱されると滅入ってしまう方や、家をきちんとしたい方はシンドイ時期ですよね。
我が家ではわたしの代わりに夫がイライラを炸裂させていました。
「やまない雨はない」といいますが、まさにそれ!

イヤイヤ期が終わりかけて思うことは、手がかからなくなってきて、すんごい楽になったんじゃない? ってこと。
ちゃんと家事をできそうな気がするし、おうちを奇麗に保てそうな気がしてきたのでした(笑)。

子育て

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ルコ

こどもと楽しく暮らしたいワーキングママです。東京の端っこ在住の30代中盤。主婦レベルはとても低いですがムスメラブ。愛してます。→詳しいプロフィールはこちら