保育園に助けられまくった2歳児と過ごす節分

2015/02/04 子育て

みなさん、楽しい節分になりましたか?
わたしは段取りが悪く、イベントというイベントがナァナァになってしまいます。

節分もナァナァ。というか人任せに終わりました。
ブロガーさんたちが言及している恵方巻きって食べたことがないっ。
これから先も関東育ちの我が家に登場することは無いでしょう…(笑)。

我が家の節分に登場したアイテムは……

じゃじゃ〜ん! これだっ!

  1. 保育園で作った鬼のカップ
  2. 保育園でもらったお豆
  3. 頂き物の福豆
  4. 登場3回目の鬼のお面

もう、ただただ「鬼は〜そと! 福は〜うち!」と豆をまきました。
娘は鬼の仮面が大好きなので、久しぶりに鬼になって嬉しそう。

気管支に入ったら危ないので、お豆は食べないでもらうつもりが、カリカリかみ砕いて上手に食べていたのが発見でした。

そんなやる気のない節分ではありましたが……

保育園が、すごく頑張ってくれるのでありがたい!

節分の半月くらい前から、童謡の「まめまき」を歌うように。
そして、節分にまつわる絵本まで読んでくれるんです。
保育参観のときに聞かせてもらったのですが、なかなか面白い話で、ちょっと欲しくなりました。

そして当日はもちろん! 豆まきをしてくださるわけでして……
働くママの(やる気の無いママの)強〜い味方だなあと思いました。

赤ちゃんのときは、そこまで気になりませんでしたけど、物心ついてくるとイベントが楽しみになりますもんね。

とはいえ、来年は保育園を見習って、雰囲気を出していこうと思いました。
ママ反省〜〜〜。

3歳の節分も、保育園に助けてもらって乗り越えたよ〜

子育て

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ルコ

こどもと楽しく暮らしたいワーキングママです。東京の端っこ在住の30代中盤。主婦レベルはとても低いですがムスメラブ。愛してます。→詳しいプロフィールはこちら