ワーママとしての生活に疲れるまで、そしてこれから

2015/04/12 2015/05/03 ワーママぐらし

先日、ある方に今月で保育園を退園するという話を伺いました。

ご両親の住んでいる街に引っ越すのだそうです。
共働きで、どちらも不規則なお仕事をされている方だったので、しんどくなったのかなぁと、勝手に想像を巡らせていました。

今、お世話になっている常駐先でも、平日は頼る人のいないママさんは、とても大変そう。
大変に感じてしまうのは「何もかも中途半端で、達成感を感じられないから」ではないかと思います。
かくいう私も、何もかも中途半端側なのですが。

ワーママを続けていくには、周囲の協力が欠かせないのか……

同じワーママでも、いざという時にご両親や旦那様の力を借りられる方たちは、仕事の面で充実しており、輝いているように見えてしまうという……。
もう、隣の芝生は青い病でございます。

そんな私はこんなかんじでワーママとして過ごしてきました。

0歳時代

帝王切開で入院していたときからスマホから更新の仕事をこなし、産後1ヶ月くらいからチビチビお仕事開始。
娘をスリングで抱えながら働いていたものの、何気にキラキラした気持ちで幸せをかみしめていたような気がします。
仕事をするために、少ない睡眠時間を削っても、充実感すら感じていた気が。

ほぼフルタイムで仕事に復帰したのは娘が4ヶ月のころ。
0歳のあいだは、優しい保育ママさんに預かってもらい、とても気持ち良く仕事できていました。
保育ママさんの素晴らしいところは、細やかな気遣いから始まり、同時に預かっているお子様が2名だけなこと。

そう、あまり病気をもらってこないですむんです。
おかげさまで、量は減れども、産前と同じように仕事することができていました。

1歳時代……暗礁に乗り上げる

保育ママさんにお願いできるのは、0歳児だけのため、最寄りの私立の保育園に入園。
それを機に病気をもらいまくる娘。
月の半分を休んでしまったり、治ったとおもったらすぐ病気にかかる状態に……。

赤ちゃんの頃は、頻繁に娘に会いに来てくれていた両親も、ロタウイルスがうつってしまったことを契機に、「うつる病気のときは看病はできない」と断られるようになりました。

わたしの仕事とて締め切りがあります。
娘が病気だろうと、自分が病気だろうと、なんとかしなくてはいけない。
両親は頼れない。
夫は1日休むことができれば良い方。
21時に帰ってきてほしいという望みを叶えることすら難しい状況。
まったくアテになりません。
週末なら見ていてくれると言われても、締め切りは金曜。

それだけでもしんどいのに、夫ときたら夜38度まで熱が上がった娘を「保育園に行かせろ」と言ったり、「保育料が勿体無い」と文句を言い出したり、酷いのなんの。
病気の子どもと、仕事の締め切りだけでも一杯一杯なのに、夫の心無い一言に、ジワジワと心を蝕まれていったのです。はぁ……。

2歳時代……母・疲れきる

2歳に入る頃には疲れてきており、2歳半に突入した頃には、仕事を減らそうと思っていました。
曲がりなりにも仕事にプライドを持って働いていました。
子育てしながらも、夫と同じくらい稼いでいましたし、今まで積み上げてきた評判もありました。
しかし、娘のイヤイヤがピークに達し、寝る時間も遅くなり、満足な仕事をすることができなくなったのです。それだけではなく、自分も病気にかかりやすくなり、迷惑をかけることも増えてきました。

そして、タイミング良く飛び込んできた客先常駐の話に飛びついたのでした。
売り上げは半減ですけどね。

3歳1ヶ月……ふと我に返った

今日の午後、少しばかり一人の時間ができました。

一人の時間ができると、真っ先に思いつくのは、書類の整理です。
まずはたまったプリントに目を通して、Scan SnapからEvernoteに保存して捨てる。
やりたいことに使う道具を探すも、見つからずに鬱々とした気持ちになってくる。

私は、もともと汚部屋に住んでいた過去の持ち主ですが、モノの在り処はバッチリ分かる汚部屋で、必要なものはすぐ見つかっていました。
しかし、こどもが1歳になった頃から、引き出しという引き出しをぐちゃぐちゃにするようになりました。行動範囲が広がれば、更にぐちゃぐちゃに。
とりあえずで避難させたことが災いして、何が何だかよくわかんなくなってしまいました。

それに、こどものオモチャも増えますし、こども関係の資料も増えていく。
やることもこどもの成長に合わせて増えていきます。
かんだか、片付けないといけないことだらけで、一人で家にいると「物を捨てている」か、「出来事を整理するためにブログを書いている」か「手帳をつけている」という。
家の中も、頭の中も、カオスなのでございます。

このブログのキャッチコピーにも描いてあるように、「楽しく子育てしたいワーママ」。

子育ての部分は楽しめていると思うんですが(幸い、こどもは可愛いし、こどもといるときは楽しいです、寝かしつけ以外は)、自分自身として、働く女性として、は不満がいっぱい。
捨てたいものでいっぱい。

どうすれば、満足できるんだろう。
どうすれば、一人の人間としても、働く女性としても、満足することができるんだろう。

仕事を減らしたって解決にはならなかった。
時間をくぎれる仕事に変えたって解決しなかった。

新しい方法を探すか、気持ちを切り替えないとダメなのかも。
180度別のことを始めたくなるのは、逃げな気もするので、半分新しいことくらいでね……。

世の働く女性はどうやってバランスを取っているんだろう

みなさん、バランスなんて考える暇なんてないくらい、睡眠時間を削ってあれもこれもパーフェクトにこなしているのかもしれません。
わたしもあと5歳若ければ! 睡眠時間を削れた気もするのですが(実際仕事で削りまくっていたので)30代も中頃になると、削れない〜〜〜〜。

わたし的な解決策は、やっぱり「物を捨てる」これに限る気がします。
たくさんのモノも出来事も管理しきれなくなってしまったので、減らすっきゃないなぁと。
これが不思議なもので、いままで大切に思えていたものが、もう障害物にしか見えないんです。

絡まった糸を解かずに何かを始めると、余計こんがらり、ほどくのも時間がかかる。
臭いものに蓋をしても、気づかないふりをしただけ。どんどん腐っていく。
今は走るときじゃない。じっくり土壌をつくる時なんだ。
と、自分に言い聞かせて、今週も一週間、子育てに仕事に自分自身に! がんばりたいと思います。

ちょっと真面目なるこでした。

ワーママぐらし

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ルコ

こどもと楽しく暮らしたいワーキングママです。東京の端っこ在住の30代中盤。主婦レベルはとても低いですがムスメラブ。愛してます。→詳しいプロフィールはこちら