娘には、このまま我が道を貫いてほしい

子育て日誌

むちゅめ5歳は我が道を行っている。

「女の子っぽい色って好きじゃない。好きな色は黒と青!」
「好きなキャラクターは悪役! かっこいい女の人」
※バイオハザードのアリス(ミラ・ジョボヴィッチが好き)
「キティちゃんとか、マイメロちゃんとか好きじゃない。プリンセスとか嫌」
「むすめちゃん結婚しないんだ。赤ちゃんのお世話だるいし」
「将来は、お仕事しないよ、遊びたいし!」
とも豪語してましたw

5歳ともなれば、媚びることを覚えるお年頃。
幼稚園児のわたしは、将来の夢を聞かれて「お花屋さん」って答えて、絵を描いた

なりたかったわけじゃなくて、これなら無難かな〜とか、親が喜ぶかな〜って思って。そのことを今でも思い出す。

お子ちゃまなりに、誰かの尺度、世間の尺度に合わせて、自分をあてはめようとしていたわけです。

でも、幸せって他人が決めることじゃなくて、自分が決めること。

娘はちょっとエッジが立ってるから面倒なことになりそうだけど、自分の好きなものや好みを、「媚びて迎合する」ような形で忘れないでほしいなあと思いました。

ちなみにママは、37歳ですが、ぐでたまが好きです。
かわいいお洋服もかわいい女の子も好きです。

女の子が生まれた! かわいいお洋服が買える!
って思ったんですが、娘には娘の好みがあるので諦めました笑。

Category : 子育て日誌

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ホームへ戻る