いろどりぐらしについて

はじめまして、こんにちは。
“いろどりぐらし”へお越しくださいまして、ありがとうございます。
このページでは、ブログと私について自己紹介させてください。

プロフィール

文房具大好きブロガー ること申します。
1980年うまれ、乙女座のO型。動物占いは「こじか」。
アタマの中がお花畑で誤字を連発。
文書が苦手なのにブログをゆるゆる運営してる小学1年生のママ。
Webデザイナー→Webディレクターへ転向。器用貧乏タイプです。
iPadとEvernoteが好き。

基本情報

名前 るこ
属性 こくまろ系 文房具好きブロガー
趣味 LOFT・伊東屋・無印良品などをうろつくこと。
試行錯誤すること。
手帳タイム。
年齢 30代
性別 女性
生息地 東京都(東側)&千葉県
家族 娘6歳 / 夫

「いろどりぐらし」について

いろどりぐらしは「こどもと楽しく暮らす」ことをテーマにしたブログです。
ワーキングマザー7年生の管理人るこが悩んだこと・ぶつかったこと・面白かったこと・楽しかったことを書き残すことで、共感してもらえたり、笑ってもらえたり、安心してもらえたりしたらいいな、と思って始めました。

2018年、娘も小学生になり、子育て中心から卒業。
話題の質も変わっていく予定です。

主要カテゴリー

コンセプトは「pen to hito.」

人と繋がるための発信ツールは、Webやインターネットが担う昨今。

文房具・手帳を使わない選択肢も出てまいりました。
それでも尚、自分と繋がるための最適なツールは「文具」だと感じています。

紙もペンも、書き手がいなければ、ただの道具。
魂を吹き込むのは私たち「にんげん」。
人間は、なぜ書くのでしょう。

「伝えたい」「のこしたい」
そんな想いがあるからではないでしょうか。

Web系の仕事をしているにもかかわらず、伝書鳩にあこがれる懐古趣味な筆者が「かいて、つたえる」にまつわる情報を発信しています。

ましろな紙の上を駆けるえんぴつのように。
このブログが紙とペンをもって、アタマの中を、自由に旅するお供になれたら、嬉しいです。

文房具とわたし

文房具にハマったきっかけは、小学生の頃。

近所の本屋さんに置いてあった、パイロットの万年筆用インクと万年筆に興味を持ったこと。

物語を考えては空想の世界で遊んでいた10歳の乙女には、紙とペンが欠かせません。

キャンパスノート、ルーズリーフ、原稿用紙、グラフ用、板目表紙。
試したことの無い文具を見かけては、あれが良いこれが良いと試行錯誤を繰り返しておりました。

その後、立派なヲタクになり、画材屋さんへと舞台を変えつつも、やはり紙を集めること、ペンや画材を試すことが面白くてたまりませんでした。

本質的に、試行錯誤する行為が好きでたまらなかったのです。

あれから20数年。
三つ子の魂百まで元はよくいったものですが、妙齢の淑女になれど、傾向が変わることはなく、今度は舞台を手帳とアルバムづくりへと変えて、試行錯誤しているのでした。

個人的な定番文具

試行錯誤しているときは、あれもこれも試したくなりますが、お気に入りができると、細ーく長ーく愛用する傾向があります。

手帳とわたし

自分にぴったりな手帳をさがして試行錯誤することが、わたしの手帳の楽しみ方。
服や靴と同じで、状況にあわせて選ぶ楽しみがあります。

手帳に関しては、実は電子手帳から入りました。
小学生の時、父が使っていたSHARPの電子手帳が羨ましくて羨ましくて、ごねまくってクリスマスプレゼントに手に入れたのです!笑

電子手帳には、ずーっと未来のカレンダーまて入ってて、どんな世界になってるのかな?
と、空想して楽しんでました。

はじまりは、ミニ6穴

さて、そんな私がはじめて意識して買った手帳は、ミニ6穴の合皮の赤い手帳でした。
学生の時で、授業とフリーの仕事の管理、それから学んだことの中で「いつでも読み返したいことをストックする私だけの辞書」みたいなポジションでした。

タスクに追われるようになり、QuoVadisに

社会人になり、タスクが膨大に増え、優先順位づけが上手くいかなくなった頃、QuoVadisのバーティカルと出会いました。
仕事中はMacの前にQuoVadisを広げるようになってから、上手くスケジュールを回せるようになり、手帳の魅力を本当の意味で初めて体感。
毎年QuoVadisを購入していました。

IT系らしく、Googleカレンダーに浮気

Googleカレンダーが登場し、パソコンの前に居るときは、全てのスケジュールを把握できるようになり、劇的に便利な世の中になるかと思いきや、同じく登場したばかりのスマホからスケジュールを登録すると、上手く同期が取れていなかったり。。
外出が増えるにつれ不便になってしまいました。

ちょっと手帳楽しんじゃってもいいんじゃない? と、ほぼ日オリジナルへ

そんな折に、ほぼ日手帳オリジナルにチャレンジ。当時は子どももおりませんでしたので、楽しく使っていました。

↓こちらの記事は去年の使用例です

ワーママが手帳に向かえる時間は短い……レフト式に

娘が産まれてからは、1日1ページを書いてる余裕はなく、ほぼ日WEEKSとノートの併用に。WEEKSは当時の働き方にとてもマッチしていて、2年半お世話に。
7つの習慣に学ぶ手帳術という本から得たアイデアを流用して使っていました。

いろんなノートでbullet journal

フリーランスもどき属になり、常駐とフリーの仕事が入り乱れるようになってからは、業務ノートも兼用したくなり、ニトムズ365daysnoteにバレットジャーナルで記すようになりました。←オフィシャルそのままのシンプルな使い方です。

そして、2018年現在、初心に返って、システム手帳に返り咲きました!

流行のClipbookも楽しんでいます。

写真とわたし

父が写真を趣味にしていたらしく、家に趣のあるフィルムカメラがありました。
なので、興味はそこそこあったのですが、とにかく写真を撮られるのが大嫌い。魂が抜ける! と騒ぐレベル。

自分が写るのはいやでも、写ルンです(世代がバレちゃいますね)で、当時お気に入りだった雑貨を、芝生の上で撮っていました。

学生の時にEOS kiss3というフィルムカメラと出会い(授業で必要で全員購入でした笑)、一眼レフってすごい!
と思うも「写真を使ったデザインが酷い」と講評されたくらいのこだわりの無さでした。

今でも興味のある被写体は、モノと娘だけ。
上手くもありませんが、じぶんのすきなものを、一瞬一瞬切り取って残せる。
ブログやWebでの発信を通して練習したいとおもってます。

ブログ写真のお供


個人的に納得のいくラインナップで、壊れない限り試行錯誤もしないかなー。
浅くてフワッとした、空気感のあるちょっとアンニュイなお写真を目指してます。

このブログの登場人物

むちゅめ(現在6歳)
2560g というコンパクトサイズで生まれたにも関わらず、その類い希なる哺乳力にて2ヶ月後には5kgに達した食いしん坊。男の子より男らしいキリッとした顔の持ち主でおてんば。将来の夢は「バレリーナにはなれないかもしれないから、働かないでママといっしょに暮らす!」と豪語したパラサイトシングル候補。

お問い合わせはこちらへどうぞ

記事の内容を訂正してほしい。もうちょっと詳しく教えてほしいな。
などございましたら、お問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。

お問い合わせ
土日祝祭日を除く3日以内にお返事させていただきます。
免責事項・プライバシーポリシーについては、こちらをごらんください。

Twitter

Twitterでは興味のあることをごった煮でつぶやいています。
よろしければフォローしてくださいね。