2018年09月09日

Ashford HBxWA5で、バイブルサイズじゃ物足りない……でもA5は大きい問題を解決

ASHFORDシルフ シボ加工&大人可愛いピンク色でテンション上がります!

じゃじゃ〜ん! 手帳カバー変えました!
それに伴いサイズも変更。その名も「HBxWA5」。

実はわたしも初めて知ったサイズ。こんなシステム手帳の規格があったなんて。
この記事では、HBxWA5の名前を最近知ったけど、どんなサイズ?
使いやすいの?
なんて疑問をお持ちの方に、特徴をお届けしたいと思ってます。

システム手帳のお悩み「幅が狭い」を解決できるスーパーアイテム「HBxWA5規格」

ASHFORDシルフ HBxwA5のサイズ感 さいこー!

HBxwA5のサイズ感 さいこー!

HBxWA5は、アシュフォードオリジナルの規格で、高さ:バイブル(171mm)x幅:A5(148mm)という変形サイズ。
要するにA5より少し高さが狭いのです。

HBxWA5のいいところ

  • 自作しやすいサイズ感
  • (バイブルと比べて)幅広。1ページのボリュームを増やせるためページ数が増えない
  • 枚数少なめでも、スペースは多めで安心

というのも、A5のリフィル(148x210mm)を39mm程裁断したサイズがHBxWA5。
書きやすい幅を担保できるため、1ページの情報量を増やすことができます。

A5のノートを使っていると、ページの下が空いていることってありませんか?
高さは行間を詰めたり工夫することができますし、少し背が低くても困らないケースが多いのではないでしょうか。

HBxWA5の泣きどころ

  • リフィルの選択肢が少ない(アシュフォードオリジナル規格)

アシュフォード以外のリフィルを選べないことが最大の欠点でしょうか。

POINT

自作で解決できますが、A5のシステム手帳が苦にならないなら、A5のリフィルの方が作りやすいです。

HBxWA5が向いている人・向いていない人

個人的にはめっちゃ便利! サイコー! だと思いましたが、全員におすすめする訳ではありません。
手帳選びで大切なのは、自分にとっての「譲れない条件」を洗い出すこと。

私の場合は、ざっくりとこんな感じのわがままな要望があります。

  • いらないページは捨てたい
  • 順番を入れ替えたり編集したい
  • いろんな紙を使いたい
  • 万年筆で書きたい
  • ふせんを持ち歩く手間を減らしたい

これらを全て叶えられるツールがシステム手帳。
  • 勉強に使いたいから、そこそこ書き込みたい
  • バイブルなのにA5ノートより重いならA5ノートくらい書きたい
  • A5のシステム手帳は大きすぎてNG

という要望に答えられるのが、HBxWA5規格だった。ということです。

HBxWA5規格は、QUOVADIS EXECUTIVEとサイズ感が似ているので、もし、QUOVADISで大きいなあと感じる方はやめておいた方がいいですよ〜。
マルマンのクロッキー帳SQも近しいサイズ感です。


created by Rinker
maruman(マルマン)
¥260 (2018/09/18 23:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

アシュフォードのサイトに、サイズ選びのチャートがありましたので、是非参考にしてくださいね。

バイブルサイズから移行するには?

幅がA5サイズなだけですので、バイブルのリフィルを使うことができます。
まずは、バイブル用リフィルを横流しして始めるとお手軽です。
私もマンスリーは、今まで使っていたリフィルをそのまま流用しました。

リフィルづくりはラクラク

バイブル用リフィルの自作は、裁断する箇所が多く、無駄も多い。
しかし、HBxWA5のリフィルは、A5サイズをちょっぴり裁断するだけでリフィルが作れちゃうんです。
高さを39mm程裁断し、パンチで穴を開けるだけ。

ほぼ日カズンのようなA5の綴じ手帳。
お気に入りのA5のノート。
お気に入りの紙。
なんでもリフィル化することができます!

私はお気に入りの、二トムズ STALOGY 365DaysNote(A5)とマルマン クロッキーパッド(A4)をリフィル化して使っています。

すでにシステム手帳を使ったことがある方なら、ハードルは低いと思います。
システム手帳自体が初めての方は、パンチと裁断機があると幸せになれるはず……!

created by Rinker
カール事務器
¥10,914 (2018/09/18 23:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
PLUS(プラス)
¥1,482 (2018/09/18 23:41:41時点 Amazon調べ-詳細)

おわりに:HBxWA5を使ってみて

個人的にはとても使いやすいサイズだと感じました。

持ち運びの観点では、

  • 高さはバイブル並なのでバッグにスッと入る→サイズ良好
  • 幅が広く、1ページのスペースが増えたため、用紙が少なくても安心→スリムに
  • 内容物を整理して薄くできた→バイブルより軽くなった

書き心地の観点では、

  • パソコンデスクで開いて邪魔にならないギリギリサイズ(A5システム手帳は大きい)。
  • 幅が広いので、発想が自由に! 色々書きたくなる
  • 好きな用紙をリフィルにしているから、書き心地もいい

一冊に、必要な要素を詰め込めるため、プラスαの持ち物が減り、デスク周りや所有物もスッキリしそうで期待しています。

もし、似たようなお悩みをお持ちでしたら、ぜひぜひHBxWA5規格をお試しくださいね♪
それでは〜!

created by Rinker
¥2,484 (2018/09/18 23:44:01時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

関連する記事