uterine-cancer子宮がん検診でひっかかりました

子宮頸癌のコルポ診・組織診・HPV判定検査

子宮がん検診でひっかかりました

今日は子宮頸がんの組織診に行ってました~。
と、いうのも12月に子宮がん検診を受けたところ、Class IIIaで、再検査になってしまったんですね……。

Class IIIaは、表面に炎症が見られる、異形化が見られる。
でもまだがんではない状態だそう。

子宮頸がんになるには、必ずHPVウイルスに感染しているのだそうですが、HPVウイルスは100種類以上もあって、がんになりやすいハイリスク型orローリスク型があるんだそうです。
どちらのHPVに感染しているかをチェックする検査を受けたところ、ハイリスク型だといわれまして、精密検査になってしまったわけなのです。

精密検査の内容は、コルポ診というのと、パンチみたいな器具で細胞をパチっと取る組織検査で、炎症の範囲と深度を調べて、そのまま治りそうか、現在の進行状況はどんなものか……を調べる検査なんだそう。

う~ん、ガンじゃないといいですけどねー。

問題なさそうであれば、今後3~4ヶ月に一度、細胞診(子宮がん検診でやるやつです)でチェックして、1~2年に一度(状況に応じてはもっと短いスパンで)組織検査をして、経過を観察するのだそうです。
悲観せず、期待せず、おおらかに構えたいと思います。

検査後出血するので、安静にするように言われたので、旦那が気を利かせて駅前のホテルをとってくれたんですが、あまり出血しなかったようで、あっさり終わってしまいました。

うちにいると、元気のありあまってる娘(もうすぐ2才)が、お腹にドンドン飛び乗ってくるので、今日は産後初! 娘と離れて夜を過ごしますー。
さみしいけど、よく眠れそう。
みなさんも、お身体にはお気をつけ下さいね!
Category : 子宮がん検診でひっかかりました

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ホームへ戻る