odekakeこどもとお出かけ

2歳前半でも大丈夫!幼児と映画館デビューするときのポイント

こどもとお出かけ

わたしがはじめて映画館に行ったのは、5〜6歳のときだった記憶が有ります。

ところが、保育園のおたよりに、アナ雪を見に行った子がたくさんいるよ〜と書いてありました。
当時うちの子は早生まれで2歳になったばかりでしたので、果たして映画館に行けるんだろうか? 楽しんでもらえるのかしら……。
でも家だと食い入るように見ている……。
連れて行ってみたいな〜!

というわけで、2歳3ヶ月のときにアナと雪の女王で映画館デビューしました。

2歳前半のこどもと行って来た話はほとんど見つからなかったので、2歳前半の子どもを連れて映画館に行くためのポイントをまとめてみました。

1.行く数日前から予習

こどもは知っているものが大好き!
一度気に入ったら何度でも見てくれます。
見たことのあるキャラが出てきたり、知っている音楽が流れると嬉しいので、予告編を何回も見せると良いと思います。

2.ファミリー層の多い映画館を選ぶ

色んな映画館がありますが、ショッピングモールに併設された、ファミリー層の多い映画館を選ぶのが吉。
他の方もお子様連れですので、お子様がちょっとくらいおしゃべりしてしまっても、見逃していただけることが多いと思います。

3.人の少ない時間帯を狙う

人の多さにビックリしてしまったり、隣の席まで満席ですと、お子様のかわゆいアンヨが座席をノックノックしてしまったり、お隣のお客様に当たったりなんてことがあるかもしれません……。
たとえば週末でも朝一番の回や、夕方の回はお子様向けの映画って空いてます。
ネット予約できる映画館であれば予約状況を確認して、空いている時間帯でチャレンジしてみた方が良いかもしれません。

4.何をしにいくのかしっかり伝える

当日は朝から何をしに行くのか、しっかり伝えておく。
何をしに行くかわからないと、「なんでー? おうちで遊びたい、公園行きたーい!」と非協力的になることがあります。
写真を見せながら、今日はここに○○を見に行こうね。
アニメが見れるよ〜と伝えておくといいですよ。

5.いつでも離脱できる席を選ぶ

窓口のお姉さんに相談するとオススメの席を教えてくれるので、ネット予約より窓口で購入することをおすすめします。
通路側か端の席を思いますが、後方の席であれば、通路側でも端の席でもキチンと楽しむことができます。

ちなみに3歳以下のお子様は、お膝の上で鑑賞するのであれば無料なことが多いです。
映画館に2回行きましたが、2回とも上映が始まっても隣が空いているようなら、空席に座らせてもいいと言ってくれました(最後まで膝の上でしたけど・笑)。

6.ポップコーンを買ってあげる

困ったときのお菓子頼み「ポップコーン」様を、しかとその手に握りしめさせてあげてください笑。
えっ!餌付けかいっ! とお思いかもしれませんが、大人でもポップコーン食べながら見ることありませんか?
映画館といったらポップコーンなのです。
お子様が喜ぶことうけあいですが、ひっくり返さないように注意してあげてくださいね。

楽しいはずのポップコーンタイムが悲しみ爆発の大泣きタイムになってしまうかも……。

7.暗くなる前に声がけしてあげる

映画館が暗くなったときにびっくりしてしまうことがあります。
「今からアニメが始まるから、暗くなるよ〜。楽しみだね」と、声がけしてあげると、暗くなっても安心してくれると思います。
これってなにげに大切なポイント!
一度怖いところだーと思ってしまったら、当分の間入ってくれなくなるはずです……。
ママの配慮が足りなかったばかりに、うちの娘、ディズニーランドのアトラクション、ぜんぶ拒否するようになりましたから……。

8.話しかけてきたら「そうだね」と聞いとあげる

こどもが話しかけてきたときは、おもしろかったときや、共感して欲しいときだと思います。大人みたいに映画館を出てから感想を言い合うのはまだ難しいので、「そうだねー」「ほんとだねー」とないしょ話するみたいに受け止めてあげるのはいかがでしょう?

もちろん最後は「し〜だよ」と教えてあげてくださいね。

9.日ごろからお座りして見る習慣を

日頃から習慣づけておけば、映画館でもバッチリお座りしてみれると思います。
かな〜〜〜り落ち着きのないうちの娘は、椅子から降りたり吸入をやめたら、アニメを停止するお約束になっています。

その成果か、映画館でも最後までおとなしく見てくれました。

おわりに

お子様がまだ興味がないのであれば、無理してまで行くものではありませんが、一度くらい試してみるとママにとっても息抜になるかも!

わたしは産前の趣味が映画鑑賞だったので、久々のシネコンで嬉しかったです〜。
流石に銀座界隈の映画館に連れて行く気にはなれませんけどね(笑)。

Category : こどもとお出かけ

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す





ホームへ戻る