2018年07月23日 2018年08月31日

iPad大好き主婦が選ぶiPadはpro12.9インチ&apple pencil対応の9.7インチ

iPad大好きブロガーるこです。
iPad2の時代から、スタイラスを使いこなそうと苦心し、それ以来iPadなしでは暮らせないというくらい、いつでも一緒。

iPad2→iPad mini2→iPad Pro9.7→iPad Pro12.9(2017)
と、4代に渡って使ってきました。
(お古は、おばあちゃんや娘に渡り、FaceTimeで通話するなど便利に使っています)

iPadが便利なことは間違いありませんが、悩ましいのがサイズと重さ。

  • どのサイズのiPadが使いやすいの?
  • ちょっと大きなiPadを使ってみたいんだけど……。

とお悩みの方の参考になれば幸いです。

無印とproどっちを選ぶ?

サイズの前にまず考えたいのは用途。
あなたはiPad proを何に使う予定ですか?

ApplePencilでメモを取りたい!

メモを取るだけなら、新しいiPad9.7(2018)で、ApplePencilが使えるようになり、iPad Proを使う理由はなくなりました。

例えば、

  • iPadでお絵かきしたい。
  • 写真や動画を編集したい。

のであれば、パワーのあるiPad proがオススメですね。

iPadで動画を見たい!

Hulu、Amazon PrimeVideo、U-NEXT等の動画サービスをお使いになるの場合、音質も気になるところ。

iPadは、スピーカーが2つ。
iPad proは、スピーカーが4つ。
proなら、音質も音量もバッチリです。

特に12.9インチはボリュームも大きいようで、6歳のむすめでも、音の差がはっきりわかるようでした。

大きいiPad12.9インチの魅力は画面の大きさ!

このサイズ感を見て!
使い心地や、イラストを書いたり動画を見たりという用途ですと、断然12.9インチが魅力です。
雑誌も実寸大で見れますし、漫画は見開きで開いてもコミックスサイズ。
映画を見るときも、没入感が違います。
所有欲を満たしてくれるたまらない道具です。

イラストを書くなら、12.9インチがおすすめ!

12.9インチのiPadなら、仕事に使うイラストの下書きも、バッチリでした!
画面が大きいことが正義!

なんやかんやで落ち着ける場所で書くと思いますので、重さは問題にならないと感じました。
サイズと関係ない部分では、使っているiPad Pro9.7インチが2016年版なためか、Apple Pencilの反応はちょっと落ちます。

Slide Overで画面を二分割したいなら12.9インチ一択!

画面分割するなら、12.9インチが正義!
例えば、調べ物をしながらメモを取りたい。
資料を見ながらイラストを見たい。
なんて用途に便利なのが「Slide Over」。

iPadの画面を二分割することができます。
12.9インチのiPad Proなら、Slide Overを使っても十分な画面の広さです。

るこるこ
やっぱり画面が大きのは正義!

持ち歩くのは非現実的

しかし、持ち歩くことを前提にすると、サイズと重量がネックになります。
重さは我慢できたとしても、電車の中でサッと出し入れするのが難しいんです。
長辺が305.7mmあるため、A4が入るバッグでも、ちょっと引っかかってしまうサイズ感。
MacBookPro13インチと大差ないサイズで、ノートパソコン開くのと、なんらかわりないのです……。

ipad12.9インチとmacbookpro13インチが重なる様…

比較するとこんな感じ。

種類 重量 サイズ
iPad Pro 12.9(2017) Wi-Fiモデル 677g W220.6xH305.7xD6.9 mm
iPad Pro 10.5(2017) Wi-Fiモデル 469g W174.1xH250.6xD6.1 mm
iPad Pro 9.7(2016) Wi-Fiモデル 444g W169.5xH240xD6.1 mm

悩ましいのはサイズと重量だけですので、家で様々なコンテンツを楽しみたいのであれば、12.9インチ最高におすすめです!

iPad9.7&10.5インチの魅力は「機動性の高さ」

12.9インチに慣れたあとに触ったら「画面ちっちゃ!」って思いました(何いってんだ!って話なんですが)

かわりに、軽々持つことができて、力持ちになったような気分です。
たかだか233gの差ですが、結構大きいんだなあと改めて感じました。

ビジネスで使うノートや本とほぼ同じサイズ(A5より一回り大きいくらい)で、鞄の中を整理しやすいところも魅力的。

iPadのような端末は、いつでもどこでも持ち歩いてこそ、真価が発揮できることもあり、堪能するなら断然iPad9.7&10.5インチだと思います。

まとめ:iPadとapple pencilを使ってみたい人にはiPad 9.7インチがおすすめ

主な理由は価格とのバランス。

iPad 9.7インチ 32GB ¥37,800 (税別)
iPad 9.7インチ 128GB ¥48,800 (税別)
iPad Pro10.5インチ 64GB ¥69,800 (税別)
iPad Pro10.5インチ 256GB ¥86,800 (税別)
iPad Pro12.9インチ 64GB ¥86,800 (税別)
iPad Pro12.9インチ 256GB ¥103,800 (税別)
iPad Pro12.9インチ 512GB ¥125,800 (税別)

すでにiPadを使っていて、ご不満があるかたなら、iPad Proが適しているかもしれません。
が、まだお持ちでなくて、なんとなく使ってみたいだけであれば……。

9.7インチ(32GB)¥37,800 (税別)がお手頃だと思いませんか?

主な用途である電子書籍やapple pencilでメモを取ることでも、問題ありません。
動画もスマホで見るよりは見やすいですしね!
そつなくなんでもこなせるマルチな奴で、とにかくバランスがいいと言えます。
ペンの精度であったり、重い作業を行わない前提であれば、あたらしいiPad 9.7インチが最高のツールだと思います。

この記事を書いていて、私自身は12.9インチが好きなんだなあと再確認しましたが……
いかんせん、本当に重いので、マニアの方以外にはおすすめしません。
「カメラを買うなら、ミラーレスより一眼レフ」的な方はご満足いただけるチョイスだと思いますよ!

それでは〜!

追記:容量はどう?

クラウドを活用されている方でしたら、32GBでも余ると思います。

がら空き!

created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,028 (2018/10/17 04:31:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥39,744 (2018/10/17 04:31:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥110,435 (2018/10/17 04:31:17時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥84,800 (2018/10/17 04:31:17時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

関連する記事