freelanceフリーランスの働き方

30代ワーママのミッション探し、5ヶ月経過時点

フリーランスの働き方

しっかりとした軸がないと、美味しい話、魅力的な話につられて気付くと数ヶ月経ってるんですよね。。。
残るのはそんなに欲しくなかったものと徒労感ばかり。

あーもうこんな働き方はいやだ-!
もっと建設的に、充実感を得られる働き方がしたい!!
と思うようになり、仕事の軸をほじくり返してます。

なぜこの仕事をするのか。
この仕事を通してやり遂げたいこと・伝えたいこと・提供したいことはなにか?

今までそんな深く考えたことってありませんでした。
こういうことを、ミッションと呼ぶそうです。
サクッと言うとコンセプトのことですかねぇ。

わたしの子育てブログのコンセプトは、「こどもと一緒に楽しむ」
せっかく子育てに関わるなら「こどもとの暮らしを楽しみたい」んです。
だから、子育てを楽しみたいママに読んで貰いたい!(上手くいってるかは別ですよ?)

コンセプトがないと、ブログですら内容がブレてきます。
コンセプトを決めておくことって、とても大切だと感じてます。

「もったいない」にミッションは隠れてる

ライフコーチ小松紗矢香さんによると、
ミッションは「もったいない! もっとこうすればいいのに」と思うところにあるのだそう。

そういうことってありますか?
うーん、今まで生きてきて、こうすればいいのにと思ったことは。。

  • 実家のインテリア
  • 実家の整理
  • 服装
  • ビジネスメールの管理・タイトルの付け方
  • 書類やデータの管理法

等でしょうか。どうにもリアルです。

  • 見映えが悪い
  • 使いづらい(ユーザビリティ)
  • 効率が悪い
  • 伝わってるの?

みたいなことも、気になるー。
良く出来てるものを見つけると、「ほほーっ真似したいー」って思いますし、好き好んで情報収集するジャンルです。

ミッションを実現するために何を仕事にするかは、その人次第

整っていて、使いやすく整理されていて、調和のとれた空間が好き。
目が喜ぶ、感覚が喜ぶ、心地の良い空間を作りたい。
そんな空間にいたら、みんな笑顔になるから。
笑顔の連鎖を作りたい。

ミッションを達成するための手段は、なんでもいいのだそうです。

わたしの場合でいえば、将来的には、ハウスキーピングになるかもしれないし、整理整頓アドバイザーになるかもしれません(笑)。

でも今は、ずっと続けてきた仕事を手段にして試したいんだと気付きました。
「やりきってない」感が残ってしまって、不完全燃焼なんです……。
真っ白に燃え尽きて、もうダメだって思えた時に、次の仕事を模索したいです。

ミッション探しのおさらい

  • ミッション(軸・コンセプト)とは、あなたの人生から生まれた、あなたならではの使命や目的のこと。
  • ミッションを果たすための手段は、なんでもいい。
  • 手段はどんどん変わっていってもいい。

訴えたいこと。こんな世界にしたい。
という想いが変わらなければ、提供する方法はなんだっていい。
方法にこだわる必要はない。

ということでした。
いやはや、まだわからないことばかりです。

[komatsusayaka]

Category : フリーランスの働き方

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ホームへ戻る