大切な万年筆を包み込む極薄のペンケースdunnワンペンカバー

万年筆ユーザーの悩みは、日々どうやって持ち運ぶか? ではないでしょうか。

ず〜っと5本用のロールペンケース(革をまきまきするやつ)を使ってたんですが、
5本全部使う日って稀で、実際は1〜2本だけ持ち歩いてるんです。
荷物の軽量化を考えると、いまひとつ。
スリムな1本挿しのペンケースはないかな〜。
と悩んでいたところ見つけたのが、こちら。

dunnのワンペンカバーでした。
便利でリピート買いしちゃった!

dunn ワンペンカバーは、あくまでもカバー

なにが「カバー」なのかというと……。本当に薄いんです。
革だからといって高級感を求めるものではありません。
合理的に「万年筆」を傷から守るカバーだと思っていただきたいアイテム(笑)。

かなりのペラッペラですが、しっかり本体をカバーしてくれます。
上と下にペンクリップをはめるところがあるのですが、本体のサイズによってどちらにひっかけるか決めるそうです。

実際に、ペリカン スーベレーンM600を入れてみました。

見ての通り、あくまでもカバーです。
このカバーをつけた状態で、ペンケースやバッグにしまうためにある! と思っていただいた方が良いです。

カバーをつけてポーチにしまうためのカバーが欲しかったので、ぴったりでした。

じゃじゃ〜〜〜ん!

入れてみると、こんな感じ。

スポッっといい感じに収まりました。

使用2ヶ月レビュー

使い出して2ヶ月がたちましたが、このカバーかなり便利でした。

ペンケースに入れる前提と書きましたが、カバーがついているから、バッグに入れても怖くないですし、抜き身のまま転がしておくことと比べますと、精神衛生上かなり良いです(笑)。

というわけで、次はブルーのカバーを買っちゃいました。
おすすめです〜!

Category :

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ホームへ戻る