sick-injuryこどもの病気・けが

春の大敵!ロタウイルスに感染したら…

こどもの病気・けが

ご無沙汰しておりました〜、るこです。

子どもがロタウイルスに感染してしまい、そこからわたしにも感染……。
すっかり更新どころではなくなっていました(泣)

ロタウイルスとは?

乳幼児がかかりやすく、下痢や嘔吐を起こす病気です。
脱水症状やけいれんなどの症状が出て重症化することもあり、中でも生後6ヶ月〜2歳までが重症化しやすいそうです。
病院ではノロウイルス・アデノウイルス等とまとめて「感染性胃腸炎」と診断されることが多いです。
時期によって流行するウイルスが違うそうで、ロタウイルスは3月〜5月が感染のピークと言われています。

潜伏期間は?

2〜4日と言われています。
わたしのかかりつけの先生は36時間とおっしゃっていました。

感染経路は?

便や吐瀉物です。直接触らなくても、そこから舞ったウイルスに触れることで感染します。

感染防止のために

感染防止対策は、主に「手洗い」になります。

ロタウイルス・ノロウイルスはアるこール消毒では殺菌できないので、十分に流水で流すことが大切です。
目に見えなくても、爪の間にも挟まっている可能性が高いので、指先もしっかり洗います。

吐瀉物・便の処理方法

吐瀉物の処理・オムツ替えは、使い捨てのビニール手袋とマスクをしてから行います。

捨てられるビニールなどの上で行い、おむつごと包んで捨ててしまうと良いです。
捨てる際はポリ袋にキッチンハイターなどの塩素系漂白剤と一緒に密封します。

吐いてしまった場合は、吐いた場所から半径2mを目安に250倍に薄めた塩素系漂白剤で拭いてください。
もし、吐いてしまったのがお布団やベッドだった場合は、アイロンをあててください。
ロタウイルスはアるこールには強いのですが、塩素系漂白剤と熱に弱いためです。

汚れた衣類は汚れを落として塩素系漂白剤につけるか、熱湯で1分以上消毒してください。
塩素系漂白剤につける際ですが、色落ちしてしまうこともありますので気をつけてください。
我が家では、何枚かズボンを犠牲にしました……まだらになってもまだ履いてますが(笑)。

吐瀉物や便の処理をしたあとは必ず換気をし、ウイルスが部屋にこもらないようにします。

食べていい食べ物は?

吐き気がある間は食べさせないことが大切。
脱水症状になってしまうので、水分補給は欠かさずに!

まずは子供が好きな飲み物を50ccほど、スプーンなどで少しずつのませてあげてください。
50ccを飲めたら、アクアライトなどのイオン飲料を30分〜1時間に1回、量を増やしながらのませてあげます。

吐き気が収まるまで12時間はかかるので、その間は水分補給をし、
食欲が出てきたようであれば、まずはおかゆからあげてみてください。

また、便の柔らかさとおなじくらいの固さの食べ物をあげるといいと言われています。

ぱっと見、元気があるように見えても、おなかの調子が悪い可能性がありますので、おなかがグルグル言っている間は、

  • お野菜などの食物繊維の含まれた食材
  • 油っぽい食べ物
  • 小麦粉製品

は避け、お米とノリ、酒の塩焼きのようなものを中心に与えてくださいと言われました。

病気の時に食べる食べ物といえば「うどん」がありますが、小麦粉製品はNGなんですね〜。

なんでですか? と聞いてみると、
野菜や小麦粉には、「セルロース」に含まれており、これは元来胃で消化することができないのだそう。
おなかの調子の悪いときに食べてしまうと、下痢が長く原因となるそうです。

お米は脱穀してあるため、実の部分のみになっており、セルロースが含まれていないのでオススメとのことでした。

お風呂って入ってもいいの?

嘔吐と下痢で脱水症状を起こしている可能性があるため、湯船に入ることは厳禁!
シャワーでからだを清潔に保ってあげるのが良いでしょう。とのことでした。
(by かかりつけの先生)

保育園の登園はいつからしていいの?

ロタウイルスは登園許可証が必要になる病気です。
登園の目安は、嘔吐・下痢が止まったか? 便の色が正常になったか? 排便のペースが戻ったか? とのこと。
主治医の先生によりますがだいたい3〜4日はお休みすることになります。

保育園ではやりだしたら最後…覚悟を決めて待ち構えるのみです(涙)。

うちは、旦那に2日午前休を取得してもらい、おじいちゃんおばあちゃんの協力を得て、なんとか……やり過ごしました。

免疫力の高い大人には感染しないと言われておりますが、プキュンが感染するたびにもれなく私にも感染し、しかもだいたいプキュンより高い熱が出る傾向が有ります……。

子育てにお疲れでしたり、仕事と子育ての両立に悩むワーキングマザーの皆さまは、お気をつけ下さいね!

Category : こどもの病気・けが

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

コメントを残す





ホームへ戻る