セーラー万年筆 プロフィット21を購入してしまったの巻!

2014/06/22 2016/06/13 万年筆・インク・ペン

セーラー万年筆プロフィット21

それは昨日のこと、やっぱり細字の万年筆が欲しいなぁー。
もう一度エラボーとカスタム742フォルカンの試筆させてもらおうかなぁーと思い、用事の前に銀座の伊東屋に足を運びました。

すると、入り口中央の気軽に試筆できるゾーンがセーラーに変わっていたのでございます。

せっかくなので試筆させてもらうっ!

せっかくなので試筆させていただくと、細字なのにスラスラ書けたのがとっても気に入ってしまい、あれこれ試し書き!
ズームやクロスエンペラーなどの気になるニブのものも触らせていただき、いい感じだぁ……。

しかも、今日明日で購入すると、上の階でペンドクターの長原さんが調整してくださるというじゃありませんか!
なんと、偶然にもペンクリニックの日だったのです。

散々試し書きしておいてなんですが、セーラーの万年筆を買うつもりはなかった為、まったく予備知識がありませんでして……なんという万年筆なんですか?
と、聞いてはじめて、プロフィット21と言うものだと知りました……。

万年筆初心者ですからして、いやはや、無知とはお恥ずかしいものです。 でも無知だからこそ、聞けてしまうという!笑

プロフィット21は、21金という純金に近い金属のニブなので、書き心地がソフトなのだと教えていただきました。
お値段を尋ねると、なんと! 20,000円とのことでして、物凄い割安感を感じたのであります。

プロフィット21を買う気になるわたし……

この辺から、購入意欲に本格的に火がついてしまいましたぁぁぁ……!

女性の方ならワンサイズ下のものも…、違う色もあると紹介していただいたのですが、何せカスタム724を買おうと思っていたくらいなので、大きさもほどほど、かつ黒くて地味ーなザ・万年筆っぽいデザインが良かったので、これで良し!

最後まで極細か細字か悩んだんですが、極細は心許ない気がして結局Fに。
メーカーによってそれぞれ太さは違うものの、今のところ全ての万年筆のニブがFです…次はMかBを……。

インク色はブルーブラックを選びました。
セーラーのブルーブラックは、嵐を予感させる垂れ込めた空の色みたいで、中々素敵です。

購入した個体で書いてみると、試筆させていただいたニブと比べると、インクフローがとっても渋くて、線が痩せて見えるんです……。
あとは調整してもらいましょう、ということになり、来たれペンクリニック!

初めての、ペンクリニック!

ところが、前のお客様がこだわりが強い様で、色々調整されており、のんびり待つことに笑

でも、それがとっても興味深かったんですよねー。
長刀研ぎ?の万年筆を調整していたのですが、最初はメリハリのない太字だったのが、太いところと細いところのある筆の様な文字が書ける様になって、正面で書いたときは硬くて細い字が書ける様なのですが。 お客様がもっと柔らかくならないか? とリクエスト!

うーんと渋ったものの、やってみますか! と、円盤状の器具をニブの割れ目に入れてみたり、宝石を鑑定するときに使うみたいな虫眼鏡で覗いてみたり、くるくる回るゴムの棒?みたいなもので研いでみたり、ゆすいでみたり、試し書きしてみたり。
おもしろ〜い!
最後には満足されて帰っていきました。

そしてわたしの番。
もうですねー、期待が高まって、わたしとしたことが珍しくおメメキラキラです。
「どうしたい?」
と聞かれ、試筆したものと比べて、インクフローが悪いんです! と、伝えると、「あれは今朝ぼくが調整したものだからねぇー! 」とのこと。
長原さんが調整したプロフィット21で試筆していなかったら、買ってなかったんだろうなぁ〜。

「どんなシチュエーションで使いたい?」
「机で、日記を書いたりしたいです」
「まったりと、ね!」

またもや多彩な器具を使い、指先も使い、どんどん調整していきます。
ふと目についた長原さんの親指は、沢山のインクを吸って玉虫色みたいにツヤツヤしていて、汚れているのに綺麗だなぁ、職人さんの手だなぁと思いました。 かっこいい!

そして見守ること数分!
試し書きしたわたしのプロフィット21は、試筆した万年筆とおなじですーるする!
更に裏返すと、1.5mm程度の方眼に収まるくらいの小さい文字が書ける様になっていました!
ビックリ!

嬉しくてルンルン気分のわたしは、お礼をいって銀座の街に飛び出していったのでした。
習い事、遅刻してしまいましたが……。

嬉しくて嬉しくて、習い事のメモもプロフィット21でとり、帰りの電車でも揺れる中ではありますが、日記を記し、書き味を楽しんだのでした。

終わりに

sailor-profit21_01
The 万年筆、というフォルム。
特筆するべき点はありませんが、美しい道具であることを感じさせるデザイン。
コロンとした形状も収まりがいいです。
キャップの金色の二重の線も素敵です。

サイズはやや大きめで太さも有りますが、重くは感じません。
違和感無くかる〜く持てるの所に好感。
(参考までに、当方女性ですが手のサイズ18cmと大きめです)

sailor-profit21_02黄みがかった金色のニブ。装飾多めの刻印もまたオツ。
日記を書いている時間は、モガ(モダンガール)な気分ですよ。

sailor-profit21_03
どの方向にペンを走らせてもスルスルすすむので、さらっとイラストも描けます。
ニブが傷みそうなので、日記用とはいえあんまり書かないようにと思いますが……。

やー、万年筆って素敵♡

毎日使えるのは二本で限界なのですが……
パイロット カスタム742 フォルカンへの欲求が収まるわけではなかったのも衝撃でした。。。
本当に本当に沼ですね……。
カメラのレンズと同じだぁぁ……。

>ペンクリニック日程

万年筆・インク・ペン

この記事がお気に召したら、いいね!お願いします♪

最新情報をお届けします

ルコ

こどもと楽しく暮らしたいワーキングママです。東京の端っこ在住の30代中盤。主婦レベルはとても低いですがムスメラブ。愛してます。→詳しいプロフィールはこちら